FC2ブログ
おうちで綺麗になる方法 6 下地と日焼け止めの兼用はありですか?
2007 / 07 / 17 ( Tue )
 ご質問の、下地と日焼け止めの兼用は、いいですか? について。結
論から言ってなし、だめです。  ちょうど今日は久々に陽がさしていいお天気でした。この強い日差しの中で一日海で楽しんだり、仕事で外が多かったり、の人と、ほとんど家の中や、会社の中の人とでは外的ストレスが全然違います。太陽の光の中の見えない光である紫外線。日焼けの原因になる UVA とUVB 。それを紫外線散乱剤(紫外線を反射して日焼けを防ぐ)か紫外線吸収剤(紫外線を肌の表面で吸収)で防ぎます。吸収剤の方は肌にダメージを与えるので散乱剤のほうがいいとおもいます。下地はファンデーシヨンや塵ほこりが皮溝や毛穴に入りこまない様に、またそれ自身が肌を刺激しないで、皮膚呼吸を妨げないで、一枚の膜を作る物でした。日焼け止めも肌の中に入っていかない方がいいので一つ膜をしてから塗られた方がいいと思います。 SPF40,50,は日常では必要ないし、炎天下では必要となり、生活シーンに合わせて使う事が大事だとおもいます。  因みに、角質層が整っていて、自分の汗と皮脂と常在菌が混じりあって出来る天然のクリーム、皮脂膜、が角質層を覆っていると紫外線にも強くなります。  あしたは CARITA の研修に博多に行ってきます。それでは失礼いたします。ありがとうございました。
スポンサーサイト



| 綺麗になる方法 | コメント(0) | page top↑
<<CARITA  新製品発表会、出席 &おうちで綺麗になる方法 7 | ホーム | おうちで綺麗になる方法  5 下地はつけたほうがいいのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |