FC2ブログ
ちゃんの物語  8
2007 / 10 / 19 ( Fri )
 オープンしてから、あっという間に19年経ちました。お客様に子供さんができられたり、小さかったお子様が、中学生、高校生、大学生になられました。私は結婚に全然興味がなく、いつも年の事は忘れています。エステが大好きで、お客様に誠心誠意、接してきました。
 安政町のお店は2部屋で、一つをお店にして、一つをお店に入らないものをいれたり、洗濯機置き場にして、行ったり来たりしていました。とても不便でしたので、町の中で、マンションでお店が出来る、今より広い所を探し移ろうと思い、場所を探しました。マンションで、お店が出来て、場所がいい所は中々ありませんでした。エステは肉体労働(?)の面も有り腰と指を痛めていました。そういうことが重なり、遂にもうやめようと思い、やめてしまいました。涙、涙のお別れでした。

 働かないと食べていけないので、仕事を探しました。自分では年は関係ないと思っていても、世間は先ず、「年」でした。歯科衛生士の免許があったので、歯科で働こうと思い問い合わせると先ず「お幾つですか?」で年だけで2件ことわられました。その時は「会うだけ会ったらいいのに」とムッとなりましたが、後ではそれも有りかと思いました。だいたい30歳迄とか35歳迄と募集してある所に問い合わせるのですから。私50歳になっていましたから・・・それでもラッキーな事にいい所が次にありました。夕方は5:15迄、土曜半ドン、日祝休み、の好条件の所で、採用されました。歯科のブランクが19年ありましたので、最初は緊張しましたが、徐々に慣れていきました。お店の頃に比べると、なんと楽かと思いました。でも、やがて丸3年という頃になんとなくものだりなくなり、良くして頂いたのに、やめる事にしました。
 お世話になっていた先生がクリニック併設でエステをされていましたので、そちらにお勤め出きる様になりました。エステはやっぱり面白いーーと感じ楽しく働きました。でも、扱っている化粧品や、お手入れが今までのものと違いますので、不満といいますか、わがままが出てきて、又自分でお店をやりたいと思い今年の2月28日に約4年振りにお店を再開しました。お店をやめた時は、又やるとはおもっていませんでした。家も一人だから、家でやればという意見もあったのですが、奥まっているし家も立派でないので、やはり通りに面した所でやりたいと思い、この並木坂にオープンしました。
 久々にお客様にお会いしてとてもうれしかったです。4年の間に忘れ去られたのでは、という不安もありましたが、思い出してきていただいてとても嬉しく思っています。ただ以前の鶴屋の裏の時は、「看板を見て」というお客様が結構いらっしゃつたのですが、ここでは、この8ヵ月でただお一人でした。通りに面してお店を構えている利点も少なく、家もありますので、又違った雰囲気でゆっくりお手入れが出来たらと思い、お家でやる事にしました。
 私はエステが大好きです。お客様が綺麗になられたり、ゆっくり出来てよかったーと言って喜んでくださる事が私の喜びそのものです。これからも、美しさへのリラックスタイムとしてお気軽に御利用くださいませ。  10月28日(日)迄並木坂で営業致します。お待ちしています。     藤崎宮の直ぐ左です。CIMG0262.jpg

CIMG0260.jpg

スポンサーサイト



| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<並木坂えびす祭り | ホーム | ちゃんの物語  7>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://esthehirota.blog107.fc2.com/tb.php/127-80332bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |