FC2ブログ
ちゃんの物語  8
2007 / 10 / 19 ( Fri )
 オープンしてから、あっという間に19年経ちました。お客様に子供さんができられたり、小さかったお子様が、中学生、高校生、大学生になられました。私は結婚に全然興味がなく、いつも年の事は忘れています。エステが大好きで、お客様に誠心誠意、接してきました。
 安政町のお店は2部屋で、一つをお店にして、一つをお店に入らないものをいれたり、洗濯機置き場にして、行ったり来たりしていました。とても不便でしたので、町の中で、マンションでお店が出来る、今より広い所を探し移ろうと思い、場所を探しました。マンションで、お店が出来て、場所がいい所は中々ありませんでした。エステは肉体労働(?)の面も有り腰と指を痛めていました。そういうことが重なり、遂にもうやめようと思い、やめてしまいました。涙、涙のお別れでした。

 働かないと食べていけないので、仕事を探しました。自分では年は関係ないと思っていても、世間は先ず、「年」でした。歯科衛生士の免許があったので、歯科で働こうと思い問い合わせると先ず「お幾つですか?」で年だけで2件ことわられました。その時は「会うだけ会ったらいいのに」とムッとなりましたが、後ではそれも有りかと思いました。だいたい30歳迄とか35歳迄と募集してある所に問い合わせるのですから。私50歳になっていましたから・・・それでもラッキーな事にいい所が次にありました。夕方は5:15迄、土曜半ドン、日祝休み、の好条件の所で、採用されました。歯科のブランクが19年ありましたので、最初は緊張しましたが、徐々に慣れていきました。お店の頃に比べると、なんと楽かと思いました。でも、やがて丸3年という頃になんとなくものだりなくなり、良くして頂いたのに、やめる事にしました。
 お世話になっていた先生がクリニック併設でエステをされていましたので、そちらにお勤め出きる様になりました。エステはやっぱり面白いーーと感じ楽しく働きました。でも、扱っている化粧品や、お手入れが今までのものと違いますので、不満といいますか、わがままが出てきて、又自分でお店をやりたいと思い今年の2月28日に約4年振りにお店を再開しました。お店をやめた時は、又やるとはおもっていませんでした。家も一人だから、家でやればという意見もあったのですが、奥まっているし家も立派でないので、やはり通りに面した所でやりたいと思い、この並木坂にオープンしました。
 久々にお客様にお会いしてとてもうれしかったです。4年の間に忘れ去られたのでは、という不安もありましたが、思い出してきていただいてとても嬉しく思っています。ただ以前の鶴屋の裏の時は、「看板を見て」というお客様が結構いらっしゃつたのですが、ここでは、この8ヵ月でただお一人でした。通りに面してお店を構えている利点も少なく、家もありますので、又違った雰囲気でゆっくりお手入れが出来たらと思い、お家でやる事にしました。
 私はエステが大好きです。お客様が綺麗になられたり、ゆっくり出来てよかったーと言って喜んでくださる事が私の喜びそのものです。これからも、美しさへのリラックスタイムとしてお気軽に御利用くださいませ。  10月28日(日)迄並木坂で営業致します。お待ちしています。     藤崎宮の直ぐ左です。CIMG0262.jpg

CIMG0260.jpg

スポンサーサイト



| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  7
2007 / 10 / 18 ( Thu )
 姉は縁ありて、トントンと話が進み結婚。私は一人でどうなるのかと思いました。が、どうにかなるものです。一人だと、お店を空けられないので、自由はききません。そういうところが大変です。
 1990年には、パリにあるCARITAの本店へ研修にいきました。世界の一流品が並ぶサントノーレにあるのですが、シンプルで落ち着きのある店内でした。海外は初めてでしたので、とても楽しかったです。正に、テレビや雑誌で見る「花の都パリ」でした。建物などとても景観を大事にしている町でした。感心したのは、東京で、研修を受けたものと全く一緒の内容ということです。いかに日本のCARITAジャポンが、私たち受講者に正確に伝えていたかということです。帰国してから、また新たな気持ちで、おみやげ話に花を咲かせながら、エステの仕事に向かいました。いつも感じていたことは、お客さまによくして頂いている、ささえて下さっていると、いうことでした。ありがとうございます。
パリCARITAでの研修 CIMG0231pari.jpg

パリCARITAの社長と。セーヌ河下りの船上で。メークがけばいですね。CIMG0256.jpg

ローマの「真実の口」イタリア観光付きでした。CIMG0253.jpg

ヘップバーンが「ローマの休日」でアイスを食べた階段CIMG0245.jpg

バチカン広場CIMG0252.jpg

| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  6
2007 / 10 / 17 ( Wed )
 痩身は1,2回で目的を達するというものではないので、オープンからコースにしていました。単価は、3800円,5800円、4000円と安くしていたのですが、10回、20回となると、5万円、10万円となります。こちらは一生懸命やっても、痩せたいけど、数回で脱落(?)する人もいらっしゃいました。チラシも次々にいれればいいのですが、入れなければ、勿論反応はありません。水道町のお店は広くて、40坪位ありましたので、その分経費もかかっていました。
 コースを全部消化されない人がいらっしゃったり、チラシ折込にも問題があり、経費もかかるということを考えて、移転する事にしました。
 姉と町の中を見て回りました。鶴屋の裏に、狭かったのですが場所的にいいなーと思い決めました。狭かったので、2部屋借りて、1部屋を改装してスタートしました。
  1回1回の単発。
  チラシ、広告なし。
  経費削減。
    お蔭様で、広告なしでも最初のお客様が次々にお客様をご紹介して下さいました。とても有り難くうれしく思いました。エステが大好きで、お客様が喜んで頂ける事が、私の喜びとなっています。ありがとうございます。
 最初はCARITAだけだったのですが、それぞれにとてもいいものがある、商品を入れていきました。32℃ソワン・ド・ボーテ20071013203525.jpg

CIMG0138cac.jpg
CAC
CIMG0144.jpg

CIMG0257.jpg
CARITA
CIMG0258.jpg
ポールシェリー
| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  5
2007 / 10 / 16 ( Tue )
 直営店に勤めているうちに、私も熊本で、お店をやりたくなりました。直営店は、お顔はCARITAではなく、他のブランドを行っていました。私は、CARITAを雑誌等で見ていて、シンプルでナチュラルでいいと、思っていましたので、お顔はCARITAと、決めました。個人的にCARITAの研修に行き、熊本のお店オープンにそなえました。イトウ超短波の機器を揃え、営業の方と一緒に熊本で場所探しを始めました。場所と広さ等検討して、水道町に決めました。
 1984年2月オープンしました。知っている人も全然いませんでしたので、直営店方式で、チラシを新聞に折り込みました。今日はどこどこに何千部、次はどこどこに何千部という感じで、定期的にチラシを入れて、知って頂く様にしました。痩身とCARITAを目に留めて頂き毎日順調にお客様がいらっしゃいました。その頃の20年位前のお客様が今でも、御利用頂いています。本当に有り難く思っています。20071011120058.jpg

 ソワレドカリタと言って年に1回東京でカリタの全国大会が行われていました。 姉と。CIMG0229.jpg

| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  4
2007 / 10 / 14 ( Sun )
 イトウ超短波は治療器、医療器のノウハウを生かして、エステ機器を作り、エステ部門を始めるというものでした。
 学校を出てから10数年たっていて、自信はなかったのですが、勉強しながら、お給料も頂けるという事でしたので早速応募しました。運よく採用になり、研修がはじまりました。健康や痩身については自社のノウハウで、ボディマッサージは著名な所へ行って、研修するという感じでした。直営店が池袋、赤羽、大宮に出来、店長として出向きました。機器を作っている所なので、それを導入してエステをやるお店がでてきました。金沢、山梨、静岡などでノウハウと機器が導入されましたのでそれを使っての健康、痩身を指導して回りました。
 直営店は最初ボディだけで後でお顔もはじまりました。

   そろそろ、熊本でお店をはじめます。これはオープン間もない頃と姉の結婚式です。
 最初、妹にも手伝ってもらいました。1984年。 懐かしい!!姉と妹。
CIMG0239.jpg

姉と私。 どっちがどっち?
CIMG0242.jpg

姉は4年後ぐらい話がトントンと進みお嫁さんになりました。 母と妹

CIMG0244midoressu.jpg

| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  3
2007 / 10 / 12 ( Fri )
 東京から帰省した時に、「面白いものを、駅の近くでやっている。」と、母がおしえてくれました。早速、行ってみると、コンセランでした。大きな長靴みたいなものを履いて、それに空気を入れたり、出したりして、足の筋肉を収縮、拡張させ、血行をよくするという物でした。足も大きかったし、太った事もあったので、おもしろいなーと思いました。興味が湧き、東京でエステの学校を探す事にしました。調べたら結構お金がかかる事がわかりました。最初はバイトもやらないで、洋裁学校に行っていましたので、(後からはじめました)退職金も殆んどなくなっていましたので、エステの学校に行くのはやめにしました。そして、目に留まったのが、第1期エステティシャン募集の案内でした。(株)イトウ超短波 という医療器、治療器を作っている会社でした。 つづく。CIMG0227.jpg
これは、今に1番近い5年位前の大好きな甥っこの玉ちゃんと。 玉ちゃん、緊張しています。早いもので、もう3年生になりました。
  あすは32℃美容セミナーです。お蔭さまで、3回目となりました。  今日もありがとうございました。ESTHEROOM  HIROTA
| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  2
2007 / 10 / 11 ( Thu )
 仕事が終わってから、バレーボール、お茶、編み物、機械編みで、はやっていました。ブラザー編み機簡単、とかいってね。実際は簡単ではなかったですけど。最後の仕上げの綴じ方、アイロンかけで、出来上がりが結構左右されるんですよ。セーター、スカート、ワンピース等色々作りました。そうそう、昼休みに三味線にも行っていました。食べてからだと、眠くなったり、エネルギーがそちらへ行くので、食べる前に、もう一人好きな人と一緒に、行っていました。先生は全部丸暗記で、全然楽譜はいりません。1対2で向き会って、やっていました。お茶と三味線とか、そういう和の世界も大好きです。残念ながらどれも物になっていませんが・・平々凡々と約10年徳富先生にお世話になりました。お昼が3時からでしたので、お昼当番以外は家が近かったので、家でお昼を食べていました。食べて、寝て、昼からの部へ。というお相撲さんタイプの生活もあり、最高67キロ迄いった事もありました。これもエステに興味を持つ、一つの要因となりました。
 歯科のことしかできない、という思いがなぜかしら湧いてきて、とってもやりたいーーという、強い思いではなかったのですが、突然歯科をやめて、東京の桜丘女子専門学校という洋裁の専門学校へ入学します。29歳でした。18,9歳の高校を出たばかりの人と机を並べ、お勉強をはじめました。

  この後段々と、エステの道へ近づいてきます。
文字ばかりで、あきられないうちに、写真をば。
 これは19年前、TARUGOの日本導入の際、フランス大使館であったレセプションに招待された時のもの。肩パットが効いています。お肌はモチモチですね。姉と。と言っても私たちはふたごですけど。CIMG0217.jpg
13日(土)PM2:00~PM5:00まで  32℃セミナーがあります。素肌美作りにとてもためになるセミナーです。お待ちしています。  326-3452  ESTHEROOM  HIROTA  今日も有り難うございました。
| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちゃんの物語  1
2007 / 10 / 10 ( Wed )
  地元の高校で先生の紹介で、歯科衛生士と言う職を知り、ビリで入学しトップ(?)で卒業。家の近くの「徳富歯科」にお世話になりました。そこは院長のお人柄と技術でとても多く、1日に80人前後の患者さんがいらっしゃつていました。今思えば、そんなに多かったのに、忙しくて大変と思った覚えはないですね。患者さんが待ち時間が長いのが気の毒でした。患者さんがいっぱい待っていらっしゃるので 「でくっとは、しよってなー。」 (できる事は、やってていいよ。)と、いつも院長が言っていました。自分たちで出来る人、出来ない人にカルテを分けて、結構なんでもやっていました。その当時はとんでもない事を、何も思わないで、全国どこの歯科でもやっていたことがあります。それは、アマルガム充填です。削って直ぐつめられる様なC1、C2の奥歯の虫歯は殆んど、アマルガムでした。ペレットとその数に応じて、「水銀」を1滴2滴とカプセルに入れて、攪拌器でガーーと混ぜて、詰めていました。今思えば「信じられないーー」。国も歯科大もそれが当たり前の治療でした。こわいですね。。私たちも、何も感じていませんでした。その頃は景気も良かったんでしょうか、夏のボーナス2倍、冬のボーナス3倍はありましたね。給料やボーナスは手渡しで、若先生(息子さん)から頂いていました。頂いてから下の自宅へ院長先生に、皆で「ありがとうございました。」とご挨拶に行っていました。
  
 お知らせが届いたかと思います。ここ並木坂では10月いっぱい営業してその後移転します。そこに至るまでのエステ大好きの ちゃん の物語です。つづく。 
  きのうとおとといの雨でやっと涼しくなりましたね。今日はじめて、朝から夜迄クーラーがいりませんでした。それでは、今日も有り難うございました。  ESTHEROOM  HIROTA
| 物語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |